講座を探す

暮らしの学校 - 講座詳細

暮らしの学校
日本の絹糸で作る トルコ伝統手芸イーネ・オヤ
お申込みの募集は終了しました
講座番号:204-610
日本の絹糸で作る トルコ伝統手芸イーネ・オヤ
講師:池田 千洋 講師のプロフィール

講座内容

「オヤ」はトルコの民間で愛されてきた伝統手芸で、「(スカーフの)縁編み」を指します。主に女性の頭に巻くスカーフのために使われていますが、普段の生活に使用するだけでなく、祝祭や婚礼の際などにも用いられてきました。モチーフは主に見様見真似で受け継がれており、布地の模様や糸の色、モチーフの組み合わせなど、個人の自由に作成するため、完成したものには一つとして同じものがありません。また、スカーフの縁取りをする目的なので、多くのモチーフには裏表が無いもの特徴です。使う資材によりいくつかに分類されますが、この講座では最も伝統的な手法の、縫い針で編む「イーネ・オヤ」を、手に入れやすい日本の絹糸を使用しながら、基礎から学びます。難しいことはあまりないので、縫い針1本・糸1本から出来る平面や立体の奥深さを楽しんで頂きます。

講座詳細

開催校
岡崎校
回数
3 回
開講日
01/13(水)、02/10(水)、03/10(水)
時間
13:00 ~ 15:00
受講料
6,600円 (税込) [3回分]
持ち物
糸きりばさみ、必要な方は眼鏡
教材費
初回1000円、2回目からは1回あたり500円~1000円。講師に直接お支払いください。

講座カリキュラム

● 1 回目
01/13(水)
葵一教室
■ ①「基本のオヤ結び」
トルコの手芸・オヤとはどういうものなのかを解説。これから使用する針や糸の選び方・扱い方、全ての基本となる「オヤ結び」と連続模様「宝石商の籠」の結び方を覚えます。*3回目までの受講と各回の宿題を終えると、ちいさなニードルブック(針収納ケース)が出来ます
● 2 回目
02/10(水)
葵一教室
■ ②「減らし目で作る三角形」と「ループ」
基本のオヤ結びを編み重ねて目を減らし、三角形に結びます。同時に「ループ」の編み方を学び、目の大きさを自由にコントロールできるようにします。
● 3 回目
03/10(水)
葵一教室
■ ③「増やし目で作る菱形」
目の大きさをコントロールしながら逆三角形に目を増やしていき、②の減らし目と合わせてきれいな菱形が編めるように練習します。
お申込みの募集は終了しました 戻る

この講座チェックした人はこんな講座もチェックしています